すきっ歯の治療

歯列の隙間が
気になる方へ

歯へのダメージを抑えながら、口元を美しくしたい方へ

大阪・梅田駅からも好アクセス、通いやすい歯医者「みなみもりまち歯科クリニック」では、歯と歯との間に、少しでも隙間が生じている状態である空隙歯列(くうげきしれつ)にも対応しております。

空隙歯列(くうげきしれつ)とは、一般的に「すきっ歯」と呼ばれるもので、それが1mm程度の隙間であっても、ご本人にとっては深刻なコンプレックスになっていることも珍しくありません。上の前歯に隙間があると、見た目に大きな影響を及ぼしますがすきっ歯は、歯科治療によって大きく改善することが可能です。
このページではすきっ歯について詳しく解説していきます。

すきっ歯の原因

すきっ歯の原因は、主に4つに分けることができます。

1.歯と顎のサイズがアンバランス

私たちの歯は、親知らずも含めると合計で32本生えてきます。これを「顎の骨」という限られたスペースで並べるため、歯のサイズが小さすぎると隙間が生じてしまいます。もしくは、歯のサイズは正常でも、顎の骨が大きい場合も相対的にスペースが余ってしまうので、すきっ歯を誘発することとなります。

2.前歯に圧力をかける口腔習癖

舌を前に突き出す「舌突出癖(ぜつとっしゅつへき)」や下唇を咬む「咬唇癖(こうしんへき)」などがあると、前歯が前方へと傾斜して、すきっ歯となることがあります。

3.重度の歯周病にかかっている

歯周病が重症化すると、歯を支えている歯茎や歯槽骨が吸収され、歯が不安定な状態となります。その結果、前歯が前方に傾斜するなどして隙間が生じることがあります。

4.虫歯や歯周病で奥歯を失った

虫歯や歯周病などが原因で奥歯を失うと、すきっ歯となることがあります。一見すると、前歯の状態には何ら関係のないことのように思えますよね。けれども、奥歯を1本失うだけでも、全体の噛み合わせが大きく変わったり、歯の移動が起こったりするのです。

このように、同じすきっ歯であっても、その原因は多岐にわたります。
当院では、すきっ歯の根本的な原因をつきとめた上で、適切な治療法をご提案しております。

すきっ歯の治療法

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは、レジンというプラスチック製の材料を使って歯と歯の隙間を埋める治療法です。歯を削る必要がなく、その日のうちにすきっ歯を改善することができます。当院での施術の流れは以下の通りです。

当院のダイレクトボンディングの流れ

1. 模型を取ってシミュレーション(30分)

始めに、患者さまのお口の型取りをさせていただき、模型を作製します。すきっ歯をどのように改善したら良いかを模型でシミュレーションします。

2. 治療内容の説明と設計の微調整(30分)

まずはガイドを作製し、治療内容の説明をいたします。ダイレクトボンディングによってすきっ歯がどのように改善されるのか、模型を用いてわかりやすくお伝えいたします。この時、治療に対するご要望があればお聞かせください。顔のバランスなども考慮しながら、男性なら角張った歯が適していたり、女性であれば丸みを帯びた歯の方がやわらかい印象を与えたりするなど、性別によっても歯の特徴づけというものは変わってきます。そうして患者さまにご納得いただける設計を行い、合意を得た上で施術へと進んでいきます。

3. 模型通りにレジンを盛り足していく(60分)

ガイドを用いて、模型通りにレジンを盛り足していきます。施術は1時間ほどで完了いたします。

治療例
ダイレクトボンディングを使用したすきっ歯の治療例(1)
  • 治療前ダイレクトボンディングを使用したすきっ歯の治療例(2)
    ※画像をクリニックすると拡大します。
  • 治療後ダイレクトボンディングを使用したすきっ歯の治療例(2)
    ※画像をクリニックすると拡大します。
年齢 20代
性別 女性
主訴 前歯2本のすきっ歯
治療期間 3回来院(2週間)
治療内容 前歯2本のダイレクトボンディング
費用 ¥40,000(税抜)
院長コメント 昔からすきっ歯を気にされており、当院のHPを見てご来院されました。遠方よりご来院頂いていた為、出来るだけ短い期間で、且つ、なるべく安く治療したいとのことでダイレクトボンディングをさせて頂きました。
※当院では、ダイレクトボンディングを行う際に、それぞれの患者様専用にガイド(模型)を制作しております。万が一外れたりかけたりした際も簡単にやり直し(再現)ができます。
ダイレクトボンディングを使用したすきっ歯の治療例(2)
  • 治療前ダイレクトボンディングを使用したすきっ歯の治療例(2)
    ※画像をクリニックすると拡大します。
  • 治療後ダイレクトボンディングを使用したすきっ歯の治療例(2)
    ※画像をクリニックすると拡大します。
年齢 30代
性別 女性
主訴 前歯の開きが気になる
治療期間 治療回数2回 1週間
治療内容 前歯2本のダイレクトボンディング
費用 ¥40,000(税抜)
院長コメント 定期的にメンテナンスに来て頂いている患者様です。虫歯も多かったせいかお口の中への関心が深まり、メンテナンス時に前歯の隙間がどうにかならないかとご相談を受けました。職業が医療従事者ということもありな、なるべく削らずに治療したいと希望された為、ダイレクトボンディングをご提案しました。治療後、とても自然な歯に仕上がり、大変喜んで頂きました。
セラミック治療

ダイレクトボンディングは、歯の表面にレジンを盛り足していく治療法であるため、比較的隙間が大きい場合には適応できません。そんな大きな形態の変更を必要とする症例では、セラミック治療が適しています。すきっ歯をセラミックで改善する方法には、次の2つがあります。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、歯の表面にセラミック製のチップを貼り付ける治療法です。ラミネートベニア自体がとても薄い素材なので、歯の表面を0.5mmほど削るだけで装着することが可能です。歯の形や色、ちょっとした歯並びの異常なども改善することができます。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンとは、セラミック材料のみで作られた被せ物です。歯のサイズが小さかったり、傾きが大きかったりすることですきっ歯となっている症例に適しています。歯を削る量はラミネートベニアより多くなってしまいますが、極端なすきっ歯でも改善することが可能です。

セラミック治療の症例について
  • 治療前セラミック治療の症例について
    ※画像をクリニックすると拡大します。
  • 治療後セラミック治療の症例について
    ※画像をクリニックすると拡大します。
治療中
  • セラミック治療の症例について
    ※画像をクリニックすると拡大します。
  • セラミック治療の症例について
    ※画像をクリニックすると拡大します。
  • セラミック治療の症例について
    ※画像をクリニックすると拡大します。

最終的な被せ物を装着する前に、仮歯を装着して嚙み合わせなどを確認します。
そして、模型上で精密な設計を施し最終的な被せ物を装着します。

年齢 30代
性別 男性
主訴 前歯が気になる
治療期間 治療回数3回~4回(※1か月弱)
治療内容 前歯4本のオールセラミック
費用 ¥400,000(税抜)※オールセラミック4本
院長コメント 当初は、ダイレクトボンディングを検討しましたが、噛み合わせがきつかったので、ダイレクトボンディングでは、途中でかける可能性が高いと判断しオールセラミックをご提案致しました。
歯を多少削る事など、詳しくご説明をさせて頂きご理解を頂いた上で処置をさせて頂きました。
予後の経過も良好で、ご満足頂きました。
矯正治療

矯正治療

すきっ歯を治す最も合理的な治療法は、歯列矯正です。すきっ歯の原因にはいろいろなものがありますが、歯列が乱れているという点は共通しています。そんな歯列不正を矯正治療によって治すことで、自然な見た目や噛み合わせを手に入れることができます。そういった意味では、最も体に優しい治療法といえます。ただ、治療期間が長くなったり、矯正装置を装着しなければならなかったりするなど、いくつかのデメリットも存在しています。

矯正治療の症例について
  • 治療前矯正治療の症例について
    ※画像をクリニックすると拡大します。
  • 治療後矯正治療の症例について
    ※画像をクリニックすると拡大します。
年齢 20代
性別 女性
主訴 前歯が1本だけ出ているのを治したい
治療期間 約半年※月1回の来院
治療内容 部分矯正
費用 ¥200,000(税抜)
院長コメント ワイヤー矯正の適応症例であり、健康な歯を削らず処置をする為に、この患者様へは部分矯正をご提案致しました。
月1回ペースで調整を行い、開始から3か月目には、気になる歯は正常な位置に移動しました。その後、歯を固定するために3か月治療を行い、半年後に装置を外し治療終了となりました。

お気軽にご相談ください

お気軽にご相談ください

このように、すきっ歯の原因と治療法にはさまざまなものがあり、何が最良なのかは患者さまによって大きく異なります。当院では、患者さまのご要望に沿ったすきっ歯の治療をご提案いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

各メニュー料金の詳細につきましては、「料金ページ」をご覧ください。

「料金ページ」へ

歯のメインテナンス・ホワイトニングについては、
以下のページで詳しく紹介しております。

「料金ページ」へ